上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとは、生きている中でエネルギーをやりとりしています。

みなさんは、商品を買い求めたら、お金を払いますね。
たとえば、3000円の商品だったら、3000円をレジに支払う。
つまり、その商品には、3000円分の価値、エネルギーがあるということです。

「ただより高いものはない」と言う言葉があります。
これは、実は真実です。
何かをもらっているのに、それに見合う対価を支払っていない。
これは、エネルギーを循環させているとはいえません。

それと同じことは、いろんなことに当てはまります。
たとえば、人脈もエネルギーなのです。


もしもあなたがお金や人脈など、何かエネルギーを手に入れたいならば、
◎大切にすること(感謝すること)
◎消費すること(循環させること)
が、非常に大切です。

お金をぞんざいに扱ったり、お金を使いたくないからと言って溜め込んでばかりいると、エネルギーの循環はそこでストップしてしまいます。


あなたが、もしも人脈を手に入れたいならば、
同じことが言えます。

誰かが「◎◎できるひとを探している」という話になって、そのひとを自分が知っているのなら、ご縁をつないであげましょう。
自分にとって全く得にならなかったとしても、めぐりめぐって必ず自分に戻ってきます。
そして、「◎◎できるひとを紹介してくれて、ありがとう♪」と感謝してくれるひとに、力を注ぎましょう。
そのことを積み重ねていくと、あなたがしてくれたことを感謝してくれるひとたちの集団が、あなたの周りに出来上がります。

「類は友を呼ぶ」も、ある意味真理です。
あなたが、「こういうひとになりたい」「こういうひとといると楽しい」と思うひとを引き寄せましょう。
それも、エネルギーなのですよ^^

エネルギーのお話は、奥が深いです。
ご興味がありましたら、お目にかかった際に、もっと詳しくお話させていただきますね。


【2011/06/25 16:35】 | つれづれ話。
トラックバック(0) |
今日、友人と連れ立って、とあるお寿司屋さんへ行きました。
いつも(といっても、まだ3度目ましてくらいですが)の店長さんに握っていただき、店長にはじめて自分のお仕事の話をさせていただきました。

ネイルサロンのお話と、天然石販売のお話。それと、新しくはじめた畑のお話。

リーディングに類する言葉は全く発しませんでした。(信じない人ももちろんいるので、自分からこの類の言葉は口にしません)

ところが、「実は、オーラとか見えるんじゃないですか?」と店長さん。

内心、「なんでわかるんだ!」と、非常に驚きました。が、そこは平静を保ちました(笑)

よくよく聞くと、「ほかのお客様とは、目が違う」とのこと。

毎日、何十人ものお客様のためにお寿司を握る、比較的大きなお店の店長さん。

1年間トータルにしたら、のべ何千人にも会っていることでしょう。

きっと、そのお客様を肌で感じたり、「ぴんっ」と来ることってあるんだろうなぁ。と思いました。
そして、そういう感覚は、お客様と会い続けることでどんどん研ぎ澄まされていくのだろうな。と思いました。

オチはないのですが(笑)
感じたことなので、ここに書き留めておきます。

【2011/05/08 00:06】 | つれづれ話。
トラックバック(0) |
えなです。
長らく、こちらを留守にしまして、申し訳ありませんでした。

こちらに顔を出さなかった間に、本当にいろんなことがありました。
そして、学ばせていただくことも多くありました。

まずは、今回の大震災において被害にあわれた方へ、心からお見舞いを申し上げます。
えなの親類でも、いまだに連絡が取れていない方が数名おられます。

えなは、地震が大変苦手です。
今世では、大地震を経験したことがないのですが、地震の映像を見ると震えが止まらなくなり、涙があふれます。
毎日TVから流れる映像を見ては毎日涙していたり、「情報があふれている社会の中で、自分が何かを発言することの責任と重み」について考えていたのですが、「いま、私にできることをしよう」と、筆を執りました。

おとといの夜、受け取ったリーディングメッセージを、以下に記載します。

*********

この経験を通じて、日本人は日本のことをもっと好きになるだろう。

もともとDNAに刻み込まれていた優しさ・思いやりが、外に出てくるようになるだろう。

今までは、カッコつけたり他人と比較して出来なかったことが、素直にできるようになるだろう。

困っている誰かに手を差し伸べること、声をかけること。
どうぞ、恐れずにしてあげてください。

良い連鎖は、良い連鎖によってつながっていきます。

今は、自分に出来ることからでいい。どうぞ動いてください。
何も出来ない、と思うあなた。口角を上げて、にっこり笑うだけでもいいんです。

たとえば、北海道の電力は、東北には送れないと言う。
でも、節電して浮いたお金を寄付することはできます。

寄付は、金額の多い・少ないは関係ありません。
多く寄付した人のほうがえらいわけでもありません。

「自分も、誰かを助けるぞ」という輪の中に入っていく「意思表示」なのです。

この未曾有の大惨事を乗り越えて、強く、互いに助け合って、秩序を持って生きていく。
その意思表示です。

できるひとは、動いてください。
できないひとは、笑ってください。

大丈夫ですよ。すべてのことはうまくいきます。

***********

もしかしたら、現状でこんなことを口にするのは不謹慎かもしれません。
それでも、希望を込めて言わせてください。
日本は、これをきっかけに、とてもよい国になっていく気がしてなりません。

いままでばらばらの目標を持っていたり、そもそも目標を見つけられなかった人たちも。
これからはみんなが、ひとつのことに向かって収束して行くでしょう。
そういう意味では、これも「アセンション」なのかもしれない。
私は、今そう思います。

地球は、日本は、ひとつの船です。
どうぞ、わけへだてなく、助け合って、思いやって過ごしてください。
それが、今のえなの心からの願いです。

3月11日から6月30日までに、海音名義でさせていただくことでいただいた御代。
そのうちの一部を、日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。

「1日も早く、普段の生活に戻れますように」という言葉は、遠すぎてえなにはイメージがつきません。
せめて、「1日も早く、ぐっすり眠れる日が来ますように」といわせてください。

2011,3,18 海音 えな

【2011/03/18 18:20】 | つれづれ話。
トラックバック(0) |
前回の続き。

「うずのなか」からなるべく早く脱出する為には、「渦にまかれている自分を客観的に見る視点」が必要です。

もし、自分を客観的に見られないときには、誰かに相談してみるのもいいですね。

「私、最近こんな状態なんだけど、あなたならどうやって行動する?客観的に見て、私はどうしたらいいと思う?」というようにです。

渦の外から見ると、
自分はどんな渦に巻かれているのか、その渦の大きさ、どうやったら抜け出す事が出来るのか?
に気付く事が出来ます。

そして、一度抜け出した経験があれば、次にまた渦に巻き込まれたとしても、「どうやったら抜け出す事が出来るんだっけ?」と思い出すことが出来ます。

どんな経験にも、意味がありますし、間違う事は、悪ではないとえなは思います。
「また渦に巻き込まれたよ…」とorz←こんなふうに落ち込むよりも。

「あぁ、また渦だ。でも、抜け方わかるもんねー♪」とかるーく抜け出す事ができるようになりますよ。

【2010/04/08 14:19】 | つれづれ話。
トラックバック(0) |

No title
レイラ
渦の中から 少し抜け出せた今だから
ほんとによくわかります。
えなさん いつもありがとう(^-^)

コメントを閉じる▲
えなです。

ひとつのことを考えて、ぐるぐる思考が回ること…ありますか?

「もういいや!考えてもしょうがない!」と思っても、またぐるぐるぐる…

えなは、むかし頻繁にやってました(笑)

「渦中」と言う言葉があります。

漢字の通り、「うずのなか」と書きますね。

何か問題があって、そのことを考えてどつぼにはまるときには、大抵思考がうずのなかにあります。
渦の中にいる間は、回っている渦の中にいるので、その中にいるひとは「自分が回っている」ことに全く気づきません。

「渦の中にいる」=それに対して向き合っているんだから、自分はえらいなぁ。
なんて、思いながら「あーれぇー」と回っていたりもします。

では、「うずのなか」から抜け出す為には、どうしたらいいんでしょう??

次回へ続く(笑)
次回は8日更新です。



【2010/04/05 14:19】 | つれづれ話。
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。