こんにちは。
ずっと考えていたことがあり、ここに書き残そうと思います。

******

スピリチュアリティを追求するにあたり、私が個人的にではありますが、
ものすごく大切にしていることがあります。

それは「ぶれない」ようにすること。
たくさんのお金や「先生」と呼ばれるような名声に走ってしまうひとは、
どうしても大なり小なり「ぶれ」てしまいます。

「ぶれ」てしまうと、自分の波動が下がるため、低級霊にリーディング結果を揺さぶられたり、
リーディングのつながり先が正しいつながり先でなくなったりしてしまいます。

リーディングやチャネリング、エネルギー伝授やエネルギーを送ること、
セッションには施術者側のエネルギーを少なからず必要とします。
お金やもの、労力もエネルギーです。

世の中には「エネルギーの法則」と言うものがあります。
AさんがBさんにエネルギーを100渡したとしたならば、BさんはAさんから100の分エネルギーを戻さなければいけません。
もしそうしない場合、Bさんは自分の人生のどこかでAさんに渡し足りなかったエネルギーを奪われ、全体としてのバランスを取るように調節されます。

これは宇宙のルールです。対価交換は、お互いのために非常に大切です。

ほかの方のされることにあまり苦言は呈したくないのですが、無料や格安でのエネルギーの提供を多数お見かけします。

しかしそれは、(そのエネルギーの足りない分を感想など別のエネルギーで補完しない限り)施術した側にもされた側にもあまり良いこととは思えません…。

エネルギーの法則で考えた場合、施術者の出せるエネルギーも少なく、受け取るクライアント様の学びも少なくならざるを得ないと私は考えます。

そもそも、そのエネルギーやリーディング結果自体が何かをしてくれると期待するよりも、
そのエネルギーにサポートしてもらって、軽くなった自分の思考の中で、
どうするべき、どうありたいと気付くのはクライアント様ご自身です。

そのサポートや掘り下げのために私たちスピリチュアルに携わる人間がいます。

それは、カウンセリングと紙一重な部分が主体です。
リーディングや占いの結果を「受け取って終わり」ではなく、その先にクライアント様が求めているものが本当はあるはず。
それを掘り出し、掘り下げ、内面にある本当の芯の部分を見つけ、光を照らし、
寄り添いながら一緒に見つめるのが私たちのお役目です。

安易にではなく、本当に自分を変えたい、自分を見つめたいと思うのであれば、
有料のセッションを受ける方がよい、と私個人的にはそう思います。

そこには責任が生まれます。
責任が発生しない(と思われる)無料や格安のセッションは、安易なその場しのぎの解決にしかならず、それはエネルギー受け取り依存につながります。
自分の欲しいだけの情報が手に入らないために「もっともっと」と情報を欲しがるようになってしまうのです。


選択の権利はあくまでもクライアント様にあります。なぜなら、クライアント様の人生ですから。

スピリチュアルに携わる人間が押し売りするのではなく、クライアント様が「気になる」「びびっと来た」気持ちを大切にしていただきたいといつも願っております。

また、クライアント様に寄り添いながら一緒に悩みや苦しさを越えられたなら、それはスピリチュアルに携わる人間にとって(少なくとも私には)非常に嬉しいことです。

誰がえらいとか、何が正しいとかではなく、このような考え方が合う、スピリチュアルに携わる方を探して、一緒に寄り添っていただく。
「ぶれていない」ことをクライアント様がお相手とのお話の中から読み取り、助言をいただく方を自分自身で決める。

これが、お互いの幸せのためへの最短距離ではないでしょうか。

***

エネルギーの送信相手、受信相手の想いが異なっていると、良かれと思ってしたことが不満、不安、ずれ、ぶれになることが多々あります。
そして、それはお互いにとって、不利益、不幸なことです。

この文章を読むことで、そのずれが少しでも少なくなりますように。

長文、失礼しました。

【2012/07/26 18:14】 | つれづれ話。
トラックバック(0) |


とんかち
ご無沙汰してます!
とても深い記事ですね。

昔、七つの習慣をよんだのですが
「Win-Win」の関係が大切と
書いてあったのを思い出しました。

海音さんの深い洞察力に
とんかちは超尊敬です!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰してます!
とても深い記事ですね。

昔、七つの習慣をよんだのですが
「Win-Win」の関係が大切と
書いてあったのを思い出しました。

海音さんの深い洞察力に
とんかちは超尊敬です!
2012/08/19(Sun) 00:08 | URL  | とんかち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック