こんにちは。海音 えなでございます。

今、このブログの整理をしておりました。
このブログを開設してから7年以上の時が過ぎているのだな、と
感慨しきりです。

本日は、お知らせを2つさせていただきます。

このたび、海音のセッションブログがリニューアルしました。
それにともない、セッションメニューもリニューアルしています。

(より柔軟にセッションを組み立てられるようになりましたので、
「こんなことをお願いしたいです」というご依頼を積極的に
承りたいと思っております)

セッションブログは、下記よりアクセスしてくださいませ。
あなたの望む能力を開花させ、癒しと気付きをお届けする、海音


ふたつめのお知らせです。

海音のLINE@が出来ました♪

えなとの直接やりとり&ご予約&お申し込み
などが可能です。

良かったら、こちらで直接えなと繋がってくださいませ♪

LINEで海音をお友だちに追加する

今後とも、海音をどうぞよろしくお願いいたします。

感謝と愛をこめて。

海音 えな

【2017/11/21 13:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
こんにちは。
ずっと考えていたことがあり、ここに書き残そうと思います。

******

スピリチュアリティを追求するにあたり、私が個人的にではありますが、
ものすごく大切にしていることがあります。

それは「ぶれない」ようにすること。
たくさんのお金や「先生」と呼ばれるような名声に走ってしまうひとは、
どうしても大なり小なり「ぶれ」てしまいます。

「ぶれ」てしまうと、自分の波動が下がるため、低級霊にリーディング結果を揺さぶられたり、
リーディングのつながり先が正しいつながり先でなくなったりしてしまいます。

リーディングやチャネリング、エネルギー伝授やエネルギーを送ること、
セッションには施術者側のエネルギーを少なからず必要とします。
お金やもの、労力もエネルギーです。

世の中には「エネルギーの法則」と言うものがあります。
AさんがBさんにエネルギーを100渡したとしたならば、BさんはAさんから100の分エネルギーを戻さなければいけません。
もしそうしない場合、Bさんは自分の人生のどこかでAさんに渡し足りなかったエネルギーを奪われ、全体としてのバランスを取るように調節されます。

これは宇宙のルールです。対価交換は、お互いのために非常に大切です。

ほかの方のされることにあまり苦言は呈したくないのですが、無料や格安でのエネルギーの提供を多数お見かけします。

しかしそれは、(そのエネルギーの足りない分を感想など別のエネルギーで補完しない限り)施術した側にもされた側にもあまり良いこととは思えません…。

エネルギーの法則で考えた場合、施術者の出せるエネルギーも少なく、受け取るクライアント様の学びも少なくならざるを得ないと私は考えます。

そもそも、そのエネルギーやリーディング結果自体が何かをしてくれると期待するよりも、
そのエネルギーにサポートしてもらって、軽くなった自分の思考の中で、
どうするべき、どうありたいと気付くのはクライアント様ご自身です。

そのサポートや掘り下げのために私たちスピリチュアルに携わる人間がいます。

それは、カウンセリングと紙一重な部分が主体です。
リーディングや占いの結果を「受け取って終わり」ではなく、その先にクライアント様が求めているものが本当はあるはず。
それを掘り出し、掘り下げ、内面にある本当の芯の部分を見つけ、光を照らし、
寄り添いながら一緒に見つめるのが私たちのお役目です。

安易にではなく、本当に自分を変えたい、自分を見つめたいと思うのであれば、
有料のセッションを受ける方がよい、と私個人的にはそう思います。

そこには責任が生まれます。
責任が発生しない(と思われる)無料や格安のセッションは、安易なその場しのぎの解決にしかならず、それはエネルギー受け取り依存につながります。
自分の欲しいだけの情報が手に入らないために「もっともっと」と情報を欲しがるようになってしまうのです。


選択の権利はあくまでもクライアント様にあります。なぜなら、クライアント様の人生ですから。

スピリチュアルに携わる人間が押し売りするのではなく、クライアント様が「気になる」「びびっと来た」気持ちを大切にしていただきたいといつも願っております。

また、クライアント様に寄り添いながら一緒に悩みや苦しさを越えられたなら、それはスピリチュアルに携わる人間にとって(少なくとも私には)非常に嬉しいことです。

誰がえらいとか、何が正しいとかではなく、このような考え方が合う、スピリチュアルに携わる方を探して、一緒に寄り添っていただく。
「ぶれていない」ことをクライアント様がお相手とのお話の中から読み取り、助言をいただく方を自分自身で決める。

これが、お互いの幸せのためへの最短距離ではないでしょうか。

***

エネルギーの送信相手、受信相手の想いが異なっていると、良かれと思ってしたことが不満、不安、ずれ、ぶれになることが多々あります。
そして、それはお互いにとって、不利益、不幸なことです。

この文章を読むことで、そのずれが少しでも少なくなりますように。

長文、失礼しました。

【2012/07/26 18:14】 | つれづれ話。
トラックバック(0) |


とんかち
ご無沙汰してます!
とても深い記事ですね。

昔、七つの習慣をよんだのですが
「Win-Win」の関係が大切と
書いてあったのを思い出しました。

海音さんの深い洞察力に
とんかちは超尊敬です!

コメントを閉じる▲
えなです。

6月末はばたばたしておりましたが、無事札幌駅北口へ移転完了いたしましたので、お知らせいたします。

なお、移転に伴いまして、おひとりおひとりのお客様と、ゆっくりお話をさせていただきながら
石ちゃんをご覧いただきたい、という思いから、店舗を完全予約制にさせていただきました。

大変お手数をおかけいたしますが、「enak.chantik☆gmail.com」(☆を@へ変えて)まで
ご連絡の上、ご来店いただけましたら幸いです。

お茶を飲みに、顔を見に、だけでももちろん結構です。

ご来店いただけましたら幸いです。

今後とも、海音とえなを、よろしくお願いいたします。

【2012/07/03 19:55】 | 活動のお知らせ
トラックバック(0) |
PCの不具合でFC2ログイン出来ないため、こちらにて告知させていただきます。

本日以降のアリス店の移転スケジュールです。
詳細はこちらのブログへありますので、お手数ですがお目通しをお願いします。
http://ameblo.jp/enak-umine

今後は2つのブログをかけはしに、ひとりひとりのお客様を、今までよりもっと大切にさせていただきたいと思っています。

大切な方たちをお招きする気持ちを忘れずに進んでいきますので、変わらずのご愛顧をよろしくお願いいたします。

感謝と愛と光をこめて。
えな。

【2012/06/26 00:32】 | つれづれ話。
トラックバック(0) |
えなです。

一週間ほど前に、お誘いをいただいて、とある演奏会に行ってきました。
同じ大学を卒業したひとたちのユニットコンサートでした。

全6曲で構成されていたのですが、1曲目から、えなはなんだかもぞもぞ。
ハートチャクラあたりがむずむずするのです。

よーーく観察してみると、演奏者さん(偶数人数でした)の半分が
「私が一番上手なのよー!私の演奏を聴いてー!」というようなエゴがたくさんの方。

もう半分の方たちは、そのひとたちとうまく調和を取ろうとしながら、全部の音を合わせて「音楽」にしようと一生懸命な方でした。

その「エゴ」を感じて、何となくえなはもぞもぞしてしまいました。そのうち、胸が痛くなり…。
「こう感じるのは、どうしてだろう?」と思いながら、コンサートは終わりました。


演奏家さんたちは、もちろん「自分が一番上手だ」と思っていないと、人前で演奏することなど出来ないと思います(なぜって、それがプロですから)
でも、一流の(~交響楽団、とかね)コンサートを聴いていると、全くもぞもぞしたり、胸が痛くなったりすることはありません。
エゴがたくさんの方もほぼ見受けられないと思います。

どうしてかな~?と、えななりに、考えてみました。そして、答えらしきものが見えたので、ここで皆さんとシェアしたいと思います。


それはきっと、
「一流の演奏家さんたちは、ジャッジを観客に投げているから」だと思います。
自分の演奏が素晴らしいかどうか、という判断を観客に委ね、自分は「まわりと調和すること」だけを思って演奏しているからだと。ひとつのうねりになってしまうこと、自分が楽器になってしまうところまで、もしかしたら行くのかもしれない。

プロとしての自覚を持ちながら、エゴを捨てたところに「素晴らしい演奏」は生まれるのかもしれないなぁ。
と、えなはまたひとつ学んだわけでございました。

*************

◎遠方の方は、こちらをご覧ください◎
海音WEBSHOP:☆こちら。からどうぞ◎


mixiをご利用の方へ限ってしまいますが、えなのモニター募集コミュでも、満月と新月の日を基本として、店頭に出さないレアな原石とのご縁結びをしております。よかったら是非、ご参加くださいね。

+++お知らせ+++
7月1日より海音アリス店が札幌駅前に統合され、拡大オープンとなります。
それにともない、6月28,29,30日はアリス店をクローズさせていただきます。
これまで予約制にてご来店いただいておりました本店ですが、これからはえなが門戸を開いて皆様をお待ちしております。

【2012/06/20 21:41】 | つれづれ話。
トラックバック(0) |